掲載:2019年 vol.36

自然豊かな聖地をゆく 宮崎・神話の里めぐり 夏本番。日差しがあふれる南国の風景と、日本のルーツとも言える歴史や伝統に触れる旅に、出かけてみませんか。今回は、宮崎県の絶景と豊かな文化をご紹介します。

自然の恵みを全身で感じる、神々しい雰囲気のパワースポット。

  州の東南部に位置し、一年を通して気候に恵まれていることから、冬でも多くのスポーツチームが合宿を行うことで知られている宮崎県。南国をイメージさせる大自然が広がり、神話にゆかりのあるスポットが点在しています。
 天孫降臨の伝説が残り、今も神秘的な空気に満ちているのが高千穂町です。天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫であり、現在の天皇家につながるとされる邇邇芸命(ににぎのみこと)が降り立った場所と言われる、日本神話のふるさとです。高千穂町の中でも特に見どころなのが、高千穂峡です。阿蘇山の大噴火によって流出した火砕流が急激に冷え固まり、そうしてできた柱状節理を五ヶ瀬川が侵食して谷ができました。切り立った崖が約7kmにわたって続き、渓谷に流れ落ちる大迫力の真名井の滝も眺められます。岩壁と滝が両側に迫り、木々と川の美しい緑色に包まれる景色は大変幻想的です。国の名勝・天然記念物に指定されています。

地図 高千穂峡

高千穂峡
真名井の滝が流れ落ちる、高千穂峡。貸しボートで、渓谷美を間近に楽しむこともできます。また近くには由緒ある池や橋などもあり、ゆったり散策するのもおすすめです。

天孫降臨神話が語り継がれる、由緒ある美しい神社。

高千穂神社

高千穂神社

荒立神社(あらたてじんじゃ)

荒立神社(あらたてじんじゃ)
天孫降臨を先導した猿田毘古神(さるたびこのかみ)と天照大神を天岩戸から出すために踊った天鈿女尊(あめのうずめのみこと)が結婚して新居を構えたとされる場所です。切り出したばかりの荒木で急いで造ったため、「荒立宮」と名付けられたと言います。夫婦円満や縁結びのほか、芸能のご利益もあるとされ、芸事を生業とする人も多く参拝します。

天真名井(あまのまない)

天真名井(あまのまない)
「地上で最初に水が湧き出た場所」と言われるのが、神代川のすぐそばにある湧水池「天真名井(あまのまない)」です。この地に水がなかったため、天村雲命(あまのむらくものみこと)が高天原から“水の種”を持ってきたと言い伝えられています。樹齢1300年のケヤキの大木の根本から湧き出る清水は御神水とされ、高千穂峡の水源とも言われています。

  千穂町には、神々の伝説を今に語り継ぐスポットが点在しています。
 高千穂神社は、邇邇芸命(ににぎのみこと)をはじめ日向三代(日本神話における地神五代のうち、邇邇芸命・火折尊(ほおりのみこと)・鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の三柱)とその配偶者を高千穂皇神(たかちほすめがみ)として祀っています。高千穂八十八社の総社として信仰を集め、縁結びの神様としても知られています。境内には本殿、拝殿、神楽殿が建ち並び、神域の厳かな雰囲気が満ちています。また2本の根本がつながった巨大な夫婦杉や、樹齢約800年の秩父杉、悩みや世の乱れが鎮められるという鎮石(しずめいし)なども必見です。
 高千穂町には、神話を語り継ぐ夜神楽(よかぐら)が古くから伝わっています。神話に伝わる「天照大神の岩戸隠れ」を描いた民俗芸能で、1000を超えるという全国の神楽の中でも数少ない国の重要無形民俗文化財に指定されています。「里神楽(さとかぐら)」と呼ばれる本式の夜神楽は、11月から2月にかけて各地域で地元の人によって開催されます。また高千穂神社でも毎日約1時間、三十三番の中から代表的な演目を鑑賞できるほか、11月には高千穂神社や天岩戸神社で夜神楽まつりも行われています。

夜神楽

夜神楽

天安河原(あまのやすかわら)

天安河原(あまのやすかわら)
天照大神が天岩戸に隠れてしまった時、困った神々が相談のために集まったとされる河原です。一角にある仰慕窟(ぎょうぼいわや)の洞窟には天安河原宮が建てられ、八百万の神々が祀られています。そのため、願いごとが叶うとされています。
※大雨などで河川が増水した場合は、参拝できないこともあります。

断崖に突然現れる神秘的な神社。願いを込めて運玉投げも体験して。

鵜戸神宮

  火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の妻である豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が鵜草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)を産んだとされ、第10代崇神(すじん)天皇の時代に創建されたと伝わる鵜戸(うど)神宮。鮮やかな朱色の楼門をくぐり、海を見下ろす石段を降りると洞窟があり、その奥に本殿がたたずんでいます。縁結びや夫婦円満、子授け、安産、育児祈願などのご利益があり、磯にある亀石のくぼみに「運玉」を投げて入れば願いが叶うという願掛けもできます。この鵜戸神宮の一帯は「鵜戸」として、国の名勝にも指定されています。

豊玉姫が出産のために乗ったとされる亀石(右)と運玉(左)。

豊玉姫が出産のために乗ったとされる亀石(上)と運玉(下)。1人5つの運玉を、男性は左手、女性は右手で亀石の穴に入るように投げる。

�まぶしい日差しに映える、モアイ像やアート作品。

  崎市街から都井岬(といみさき)へ至る海岸沿いの国道は、「日南フェニックスロード」と呼ばれ、海に臨む名所があります。パームツリーやブーゲンビリアなどの南国らしい樹木や花も楽しめる、人気のドライブコースでもあります。
 サンメッセ日南には、イースター島のモアイを修復した日本の功績により、世界で唯一、島の長老会から特別な許可を得て完全復刻したモアイ像が並んでいます。全部で7体あり、それぞれに異なるご利益があると言われています。「モアイ」には「モ」が未来、「アイ」が生きる、すなわち「未来に生きる」という意味があります。
 ほかにも、フランス語で「見る人」を意味するカラフルな人形「ヴォワイアン」や、世界でも珍しい昆虫展、ユネスコ本部より直接許可のパネル。太陽の丘には蝶の地上絵など、見どころもたっぷりです。

サンメッセ日南

サンメッセ日南

日南海岸

日南海岸

太陽の丘

太陽の丘

�美しい海に願いを込めて。珍しい御崎馬にも会いに出かけましょう。

  場に囲まれた海を「十」の文字に、またその左の岩場を「口」に見立てて「叶」という文字に見えることから、願いが叶うと言われる「願いが叶うクルスの海」。展望台には「クルスの鐘」があり、人々が思いを込めて祈りその音を響かせます。天気の良い日は海がコバルトブルーに透き通り、さらに絶景が楽しめます。
 宮崎の海岸の風景を満喫するなら、都井岬もおすすめです。国の天然記念物である御崎馬(みさきうま)が、現在約120頭生息しています。体長・体高ともに130cmほどと小柄な馬で、大変人懐こい性格が特徴。都井岬にはその一角に白亜の都井岬灯台もあり、晴天時には種子島まで見晴らせます。

都井岬

都井岬

願いが叶うクルスの海

願いが叶うクルスの海

PP-FOS-JP-0316-03-07

ページトップへ