私の元気のヒミツ

Profile 山本 晃さん

1957年 熊本市生まれ。大学卒業後、熊本日日新聞社に入社。地方支局、本社政経部を経て、91年に東京支社編集部へ異動。92年に腎不全で倒れ、透析を開始。93年に細川政権が誕生すると、透析生活を続けながら官邸記者クラブにキャップとして常駐。翌年、本社勤務に戻り、07年から地方部次長兼論説委員。09年夏、移植手術を受ける。11年から編集委員兼論説委員。

ギャラリーのページヘ

「浴場洗浄剤(風呂水専用塩素剤)」

 腹膜透析を行っている患者さんは、細菌の感染による腹膜炎を心配されます。そのため、お風呂をシャワーだけで済ませる方もいらっしゃいます。私は腹膜透析をしていた時、当時の担当医から「浴場洗浄剤(風呂水専用の塩素剤)」を紹介されて使っていました。これは、浴槽に入れると水が酸性になります。酸性の水は殺菌力があるため、カテーテル出口部は何もカバーせず、そのまま浴槽に浸って、入浴後もカテーテルの出口部をシャワーでよく洗い流し、その後滅菌ガーゼで水分を拭き取るだけで大丈夫でした。お風呂には、毎日入りたいものです。そういう意味でもこれは、快適な入浴に大変役に立ち、おかげでそれまで面倒だったお風呂に入るのも楽しみになりました。
 ※個人差がありますので、浴場洗浄剤を使用される際は、必ずご担当の医師とご相談ください。

ギャラリーの一覧ページへ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ