私の元気のヒミツ

Profile 新沼道子さん

1941年 東京都生まれ。大学で声楽を学び、卒業後はドイツへ留学。その後日本に帰国し、神奈川県にある鶴巻温泉の旅館を女将として経営。62歳で腹膜透析を導入し、6年後に血液透析に移行。現在は自宅で音楽学校を開催する他、染色や織物などの作品づくりに精力的に取り組まれている。2012年2月、NPO法人神奈川腎友会の「第30回ふれあい作品展」で特別賞を受賞。スタジオジブリの宮崎駿監督は、同じ年の従兄にあたる。

ギャラリーのページヘ

「アートピア音芸学院の生徒たち」

  私は現在、娘と一緒に「アートピア音芸学院」という芸術学校を開校しています。ここでは、バイオリンやピアノ、リトミックなど音楽のレッスンをはじめ、染物や気功などのカルチャー授業も開催。「桐朋学園大学附属子供のための音楽教室鶴巻教室」を併設し、幼児から大人まで常時約100人の生徒さんがいます。小さかった子どもたちが、素晴らしく成長していく様子を見られるのは、大変うれしいことです。発表会も定期的に開催しており、生徒たちが一堂に会するのも楽しみの一つ。また、同い年の従兄・宮崎駿さん(スタジオジブリ監督)が子どもたちに贈ってくれた色紙も、私の大切な宝物です。

ギャラリーの一覧ページへ

透析を受けている方のためのライフスタイル誌 うみ