「つばめ」に乗って快適な九州の旅へ

掲載:2011年 秋 vol.08

「つばめ」に乗って快適な九州の旅へ

平成23年3月12日、九州新幹線(鹿児島ルート)博多〜新八代間が改行しました。
博多〜鹿児島中央間の所要時分は最速1時間19分に短縮され、山陽新幹線との相互直通運転も実現。
真っ白な流線型の車両が九州の大地を走り抜けています。
九州の旅は桁違いに便利になったといえるでしょう。
超特急ならではのスマートなフォルムに、和の落ち着きを感じさせるインテリアの新しい新幹線に会いに出かけてみませんか。

「つばめ」車内で
九州の豊かな自然や伝統の技に出合えます

九州新幹線に使用されている車両は800系、新800系、N700系。とくに800系や新800系の機能美を追求し尽くしたスタイルやインテリアは魅力的です。インテリアのテーマは和の装い。伝統織り技術による布地のシートに腰をおろせば誰もがちょっとしたギャップを感じることでしょう。それは故郷に帰ったような、心からほっとできるうれしい違和感。温もりを感じさせるクスノキや金箔をあしらった妻壁、鹿児島産のサクラ材などを使った木製シートやロールブラインドなど......。最高時速260㎞、近未来を感じさせるクールで真っ白な超特急の客室は、昔ながらの職人の技、そして九州特産の素材を活かしたインテリアに埋め尽くされ、木々の香りが心を和ませてくれる癒しの空間なのです。木製シートは環境にもやさしく、通常のシートに比べて車両の軽量化にも貢献しています。最新の素材や先端工法と、地域に根ざす職人伝承の技とのコラボレーション。まさに21世紀にふさわしい日本の新幹線といえるでしょう。

八代い草の縄のれん

800系の洗面室には昔懐かしい縄のれんがあしらわれています。のれんの素材は熊本県八代産のい草。洗面室の縄のれんをくぐるたびに、さわやかな香りを、日本人が大好きな新しい畳の香りを感じることでしょう。

金箔の妻壁

金沢や川辺(鹿児島)の職人が腕をふるった金箔の妻壁も新たに登場しました。現在では川辺仏壇は全国ブランド。昔ながらの素朴な金箔技術が、新幹線の金箔の妻壁に活かされているのです。

木製ロールブラインドや木製のラゲッジラックなど

新幹線の窓にかけられた木製ロールブラインドや、プライウッド製の窓下テーブル、木製のラゲッジラックなどには鹿児島のサクラ材が使用されています。木のなめらか温もりにふれてみてください。

ページトップへ