海と森のドラマ ─夏の知床半島─

掲載:2011年 7月

海と森のドラマ ─夏の知床半島─

絶景からグルメまで魅力が豊富な北海道。
その最も大きな魅力は、各地に残る大自然ではないでしょうか。
世界自然遺産に登録された知床は、まさに自然の息吹を肌で感じることのできる場所。
普段は厳しい寒さに包まれる知床も、夏のあいだはやさしい顔を見せてくれます。「日本最後の秘境」に一度は訪れてみたいものです。

世界遺産の旅 日本が誇る世界自然遺産「知床」

オホーツク海と太平洋の接点にあたり、大自然が原始の姿のまま残る知床半島。その多様な自然環境の希少性から、2005年に日本で3番目の世界自然遺産に登録されました。アイヌ語の「地の果て」にその名が由来する通り、断崖絶壁が続く海岸線、野生動物たちが暮す森林や湿原、渓流や湖沼。今も人をも寄せ付けない原生の自然の美しさは、私たちの心に根源的な感動を与えてくれます。

知床半島

大自然の中、希少な野生動物たちに出会う

知床では、海上を含む面積71,000haもの広大なエリアが世界自然遺産に指定されています。緑や水といった環境ももちろんですが、そこに息づく動物たちは、他の地域では見られない希少な種も多く、こうした野生動物たちに出会うことができるのも知床の大きな魅力です。

希少な野生動物たち

緑に包まれた緑と山に癒される

標高1661m、知床連山の最高峰が羅臼岳。本格的な登山が必要ですが、頂上からは山々からオホーツク海、さらに遠く国後島まで一望にできます。登山口は斜里側と羅臼側にあり、斜里側登山口(岩尾別温泉)からは約5時間、羅臼側登山口(羅臼温泉)からは約6時間30分の登りが必要。7月から8月にかけては、様々な高山植物が美しい季節です。

[ 羅臼岳 ]
北海道目梨郡羅臼町・斜里町
問い合わせ:
知床羅臼町観光協会 TEL:0153-87-3360
知床斜里町観光協会 TEL:0152-23-3131

羅臼岳

オホーツク海に面した海岸の砂丘に広がる以久科原生花園。6月下旬〜7月は、一面に咲き乱れるスカシユリがみごとです。夏はほかに、ハマナスやハマエンドウなど野生の花々を楽しむことができます。

[ 以久科原生花園 (いくしなげんせいかえん) ]
北海道斜里郡斜里町以久科
問い合わせ:
知床斜里町観光協会
TEL:0152-22-2125

以久科原生花園

活火山である知床硫黄山から涌き出る温泉が川に流れ込み、滝自体が温泉となっている秘湯がカムイワッカ湯の滝。大自然の美しい景色を楽しみながら、野趣あふれる温泉が楽しめます。秘湯とはいえ、いまでは全国的に知られ、多くの観光客が訪れています。

[ カムイワッカ湯の滝 ]
北海道斜里郡斜里町岩尾別
問い合わせ:
知床斜里町観光協会
TEL: 0152-22-2125

カムイワッカ湯の滝

ページトップへ