地球の神秘に満ちた スピリチュアル・アイランド

掲載:2010年 冬 vol.05

地球の神秘に満ちた スピリチュアル・アイランド

8つの大きな島と130近くの小島や岩礁からなるハワイ諸島。世界屈指のビーチリゾートという顔をもつ一方で、活発な火山活動を続ける世界最大級の活火山を擁し、自然のダイナミズムに満ちています。その誕生は伝説と神話に彩られ、今も神々や精霊の存在を至るところで感じることができます。まさに神々が宿る島。ハワイの自然と大地の鼓動が訪れる人を奇跡と神秘の世界へ誘います。

ポイント 3

生き続ける神話と信仰
フラやレイに込められたハワイアン・スピリット

 ハワイというと誰もが思い浮かべるのがフラ。文字を持たない古代ハワイアンにとって、フラはもともと、伝承手段の一つであり言葉でした。一つひとつの動きにはそれぞれ意味があり、神への祈り、神話、伝説などを表現したり、神々からのメッセージを伝えるために踊られていたのです。
 19世紀、フラはキリスト教宣教師に感化された当時のリホリホ王により廃止され、一時消滅しましたが、その後、カラカウア王によって復活。現在は伴奏に合わせて踊るフラ・アウアナ(現代フラ)と、歌に合わせて踊るフラ・カヒコ(古典フラ)の2種類のフラが踊られて います。
 フラを踊るときに身につけるレイにも、実は意味があります。レイはもともと魔除けや神に近づく印として首にかけたもの。古代ハワイでは、フラを踊るときには必ずヘイアウにレイが捧げられたといいます。
 現在、フラやレイに宗教的な意味はほとんどありません。しかし、ハワイアンは今も、フラの動作でハワイの神話や伝説を表現し、感謝や親愛の情を込めてレイを贈り合います。古代ハワイアンがフラやレイに込めた思いは、形を変えながら今も息づいています。


フラ・アウアナはショッピングモールやホテルのフラ・ショーなどで見ることができる。

レイ

レイ
オーキッド、シェル、フェザーなど素材も形もさまざまなレイ。結婚式では女性は白い花、男性はマイレの葉をかける。

ハワイアン・キルト

ハワイアン・キルト
19世紀に宣教師の妻たちが伝えたとされるキルト。ハワイの動植物をモチーフにしている。

ウクレレ、イブ
ウクレレ、イブ

ウクレレ、イブ
フラの伴奏として美しいメロディを奏でる楽器。ウクレレはハワイアン・ミュージックにも欠かせない。

ポイント 4

透析を受けている方のハワイ旅行を強力にサポート

実績20年以上の海外透析ツアー JTB
透析を受けている方と同伴者だけを対象にしたツアーを企画。透析治療を優先したゆとりのあるスケジュールが組まれているので、海外で初めて透析を受けられる方も安心です。ほかに、希望の日程にあわせた病院の予約手配も行っています。
「ホノルル6日間」
2011年1月23日(日)〜 28日(金)(羽田発)
2011年3月13日(日)〜 18日(金)(成田発)
問い合わせ:JTB首都圏法人営業品川支店
透析ツアーデスク TEL : 03-5796-6096

日本語スタッフが透析をサポート ヴァリューワールド
透析を受けている方が安心してハワイ旅行を楽しめるよう、現地人工透析センターでの人工透析をサポートしています。日本語を話せるスタッフが、ホテルへの送迎や病院での受付をアシストしてくれるので、パッケージツアーに透析を組み込んだり、個人旅行を手配するなど、自分のペースにあわせて旅行をプランニングすることができます。人工透析サポートだけの利用も可能です。
問い合わせ:TEL : 03-5791-1200
URL : http://www.webtravel.co.jp/hawaii/toseki.htm

ページトップへ