2010年 東京散歩

春の香りを訪ねて

春の香りを訪ねて

〜江戸東京・梅まつり〜

一足早い春の訪れをつげる梅の花がまもなく見頃を向かえます。実は、東京のあちらこちらに江戸情緒を感じられる梅園があるのをご存じですか。この季節、演芸会や野点など、それぞれで趣向を凝らした梅祭りを開催しているので、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

湯島天神

学問の神様・菅原道真公を祀る湯島天神。道真公は梅の花はこよなく愛しました。この季節樹齢70〜80年の白加賀(しろかが・白梅)を中心に月影、豊後梅、寒紅梅など約300本が境内を彩ります。

53回目を迎える梅まつりでは、土日祝日には、湯島白梅神太鼓、在日中国雑伎団、神輿渡御、講談、落語など多くの演芸が奉納されるほか、野点(参加300円)やカラオケコンクールなども行われます。

期間:2010年2月8日(月)〜3月8日(月)
東京都文京区湯島3-30-1
TEL:03-3836-0753
開館時間:午前8時〜午後7時30分

湯島天神 湯島天神 湯島天神

小石川後楽園

広大な園内には約120本の紅梅・白梅の梅林があります。早咲きのものから遅咲きのものまで38種類の梅は、開き始めた蕾から満開のものまで、それぞれに花の形や香りを楽しめます。

毎日11時と14時の2回、シダレザクラの前に集合すると庭園内を案内してくれるほか、植木・苗木市や記念撮影コーナーもあります。また庭園ゆかりの黄門さまこと水戸光圀にちなんで、水戸の名産品の販売もおこなっています。

期間:2010年2月13日(土)〜2月28日(日)
東京都京区後楽1-6-6
TEL:03-3811-3015
開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
身体障害者手帳持参の方と付添の方は無料

小石川後楽園 小石川後楽園

ページトップへ