年末年始東京散歩 下町深川で開運祈願!

掲載:2009年 冬 vol.02

リーガロイヤルホテル東京

早稲田で
静けさに遊ぶホテルステイ

年末年始のホリデーシーズンは、家族や友達と一緒に少し贅沢に過ごしたいもの。東京散歩の旅の拠点には、優雅なホテルステイはいかがでしょう。この季節ならではの本格的なクリスマスやお正月の飾り付けも雰囲気を盛り上げ、普段と違ったひとときを約束してくれます。

ー 訪ねてみたい、安心のホテルステイ ー

今回、訪ねてみたいのは、早稲田大学に隣接するリーガロイヤルホテル東京。ホテル近くのクリニックで人工透析を受けられる宿泊プラン「人工透析 安心ステイ」が利用できます。透析の予約代行もしてくれるので、安心してホテルステイを楽しめます。朝食は、「カフェ コルベーユ」にて和洋ブッフェがいただけます。透析が終わればすぐに、デラックスフロアのツインルームまたはダブルルームでゆっくりくつろぐことができ、日常の煩わしさからすっかり解放されるでしょう。余裕があれば隣接する早稲田大学の大隈庭園の散策がおすすめです。大隈庭園は、早稲田大学の創立者である大隈重信が構えた別邸です。それ以前は彦根藩・井伊家や高松藩・松平家の下屋敷で、江戸の面影を残す和様四条家風でしたが、大隈の好みにより、自然を活かした京都風の庭に造りかえたものです。

真ん中の芝生と池を囲むように、高木・中木が約730本、低木・生垣約330本が植えられ、四季折々の風情を楽しめます。12月頃なら、遅い盛りを向かえた紅葉やナンテンギリの赤い実が目を楽しませてくれます。木々の向こうにそびえるのは早稲田大学のシンボルである大隈講堂です。※大隈庭園は閉園日があります。詳しくはホテルまで問い合わせてください。

大隈庭園・完之荘 早稲田大学の大隈講堂
穴八幡宮 都電荒川線 甘泉園公園

ホテルから南に早稲田大学を抜けた馬場下町交差点には、穴八幡宮があります。この八幡様は蟲封じの御利益でも有名ですが、お参りする人のお目当ては何といっても金銀融通の「一陽来復」の御守りです。
中国の易本から派生した言葉で、陰際まって陽となす、暗闇の中に光が射す、長い不遇期にようやく幸運が向いてくるという意味で、1年で1番日照時間が短い、冬至の日から、徐々に日が長くなる節分までのあいだだけ求めることができます。

リーガロイヤルホテル東京から、新目白通りを西に歩くと、都電荒川線の早稲田駅を過ぎて左側に、住宅街に埋もれるように甘泉園公園の門が見つかりました。もとは徳川御三卿の清水家の下屋敷で、池や中島、磯渡り、築山を配した回遊式庭園です。約1万4000m²の広い敷地は、高田馬場から神田川に向かう傾斜地を利用して、外からの雑音を一切遮断した、都会のオアシスそのものです。甘泉園の名前の由来は、庭園の中央から湧き出している湧き水がお茶を入れるのに適していたからといわれます。この季節、隣接する「水稲荷神社」には初詣に訪れる人も少なくありません。

ポイント 3

リーガロイヤルホテル東京 「人工透析 安心ステイ」

リーガロイヤルホテル東京

2010年3月30日まで。7日前までの完全予約制
除外日:12/31〜2010年1/2、2/11〜2/21、3/24
1泊1名様 22,200円、1泊2名様 ¥25,200円
(消費税・宿泊税・サービス料込)
※休前日は1名 +¥3,000

お問い合わせ

Tel:03-5285-1122
Fax:03-5285-4321
e-mail:w-room@rihga.co.jp
※人工透析料金は、別途、クリニックにてお支払い。

江戸川橋鈴木クリニック
透析予約の流れ
  • ホテル予約同時にホテルからクリニックに予約をお取りします。
  • 診察書類記入ホテルからお客様にクリニックからの診察書を送付、書類にご記入いただきます。
  • 診察書類提出書類は宿泊の2日前までに、クリニックへ直接FAXでお送りいただきます。
  • 当日透析に必要なタオル2枚と浴衣はホテルから貸し出します。
江戸川橋鈴木クリニック

東京都新宿区山吹町348 DSDビル4F
TEL: 03-5229-7717

ページトップへ