ご家族もお友達も一緒にいただけるレストラン・シェフが考えた透析レシピ

掲載:2011年 春 vol.06

透析レシピ

楽しく、おいしい、ひとときを

家族や友達と一緒にワイワイ・ガヤガヤ、
コミュニケーションを取りながらいただく食事は楽しさが調味料!
料理の味も豊かになるから不思議です。


監修 蒲池 桂子さん
女子栄養大学栄養クリニック主任・管理栄養士
和食板長 渡邉 実 さん
レストラン アラスカ プレスセンター店

透析レシピ 1

レタス手巻きと稲荷巻

海苔のかわりにレタスやお稲荷さんで、うまく巻けなくてもご愛嬌。
食卓に笑いがあふれ、団欒のひとときを演出します。

レタス手巻きと稲荷巻
レタス手巻きと稲荷巻
  • 材料(4人分)
  • 干し椎茸4枚
  • 高野豆腐1枚
  • 人参1/2本
  • キュウリ1/2本
  • 油揚げ2枚
  • レタス2枚
  • 玉子焼き(市販のもの)適宜
  • かんぴょう(市販のもの)適宜
  • 蟹カマ適宜
  • お米2カップを炊いたご飯(650g程度)
  • 梅干し3g
[A. 干し椎茸と人参の出汁 ]
  • 干し椎茸の戻し汁500cc
  • 砂糖60g
  • 醬油30g
[B. 高野豆腐と油揚げの出汁 ]
  • 出汁540cc
  • 薄口醬油70cc
  • 砂糖30g
  • みりん70cc
[C. 寿司酢 ]
  • 米酢40cc
  • 砂糖36g(大4)
  • 6g(小1)
  • 昆布少々
作り方
  • 干し椎茸は、軽く水で洗い一晩水に漬ける。鍋に移しかえ[A]の出汁で1時間煮て、アクをすくい取る。
  • 人参は、皮をむき棒状に切り、沸騰した湯で軽くボイルし1の中に入れ炊く。
  • 高野豆腐は、ボウルに入れ90℃の湯でもどし水にさらし、両手で押さえるようにして、濁り水が出なくなるまで3〜4回繰り返す。[B]の出汁で炊く。
  • 油揚げは、両端を切って開き、内側の白い部分をスプーンで取り除き、熱湯で油抜きをする。3と一緒に炊く。
  • キュウリ、玉子焼き、かんぴょう、カニカマは巻きやすい大きさに切る。
  • 鍋に[C]を入れ火にかけ、調味料が溶けたら梅干しを入れ、弱火にして約4分間熱し、火からおろし、梅干しと昆布を取り出し冷ます。
  • 6で寿司飯を作り、好みの具を巻いて、稲荷巻、レタス巻きを作る。
ワンポイントアドバイス

板前からのアドバイス
梅干しを使い塩分を控えました。油揚げで稲荷寿司風にしたり、レタスで巻いてサラダ感覚にすると、薄味でもおいしく、さくさくとした食感が楽しめます。

管理栄養士からの一言
外食で寿司飯をいただくと塩分が濃く注意が必要ですが、自宅で作れば梅肉を使うなどの工夫で塩分を抑えることができます。海苔はカリウムとリンが多く含まれているので、巻く場合は1枚くらいを目安としてください。また、食べ過ぎには注意しましょう。

栄養成分
  • エネルギー
    187.1kcal
  • タンパク質
    11.5g
  • 脂質
    12.7g
  • カリウム
    178mg
  • カルシウム
    147mg
  • リン
    176mg
  • 食物繊維
    3.2g
  • 食塩
    0.3g

ページトップへ