ご家族もお友達も一緒にいただけるレストラン・シェフが考えた透析レシピ

掲載:2010年 冬 vol.05

透析レシピ

ひと味ちがう家ごはん

すぐできるけど手抜きじゃない、簡単だけどおいしい。
定番家庭料理をちょっとアレンジ、シェフの技を食卓へ。

監修 蒲池 桂子さん
女子栄養大学栄養クリニック主任・管理栄養士

透析レシピ 2

シャキシャキ!もやし炒め

庶民の味方、もやし炒めはシャキシャキとした食感が命です。
炒めすぎないように、もやしを入れたらすばやく仕上げ、できたてをいただきましょう。

シャキシャキ!もやし炒め
  • 材料(4人分)
  • もやし280g
  • ニンジン(皮をむいて)40g
  • ピーマン(半分にして種をとって)40g
  • オイスターソース10g
  • 胡椒0.8g
  • 2g
  • サラダ油30cc
作り方
  • ニンジン、ピーマンは千切りにし、水でさらしザルにあける。
  • もやしは、たっぷりの水に放ち、シャキッとしたらザルに上げ水気を切る。
  • フライパンにサラダ油を入れ強火で熱し、ニンジン、もやしを手早く炒め、さらにピーマンを入れて炒める。
    オイスターソース、塩、胡椒で味付けをする。
ワンポイントアドバイス

シェフからのアドバイス
味付けにオイスターソースを使いコクをだしました。もやしはよく水にさらしピンとさせ、あとは手早さが勝負です。量が多いと時間がかかりすぎるので、2人前くらいずつ炒めるといいでしょう。作ってから時間がたつと水っぽくシナシナとなってしまうので、できたてを召し上がってください。

管理栄養士からの一言
もやしには、ビタミンB1 とB2 が含まれており、体内の代謝を助けて、肩こりやイライラなどを解消します。安価なお助け野菜のもやしは、じつは栄養的には実力派として毎日食べるとビタミン補給に優れものなのです。茹ですぎても炒めすぎても旨みとシャキシャキ感が消えてしまいます。シャキシャキ感をだすコツを覚えると、おいしく召し上がっていただけるでしょう。

栄養成分
  • エネルギー
    23kcal
  • タンパク質
    1.7g
  • 脂質
    0.4g
  • カリウム
    104mg
  • カルシウム
    15mg
  • リン
    27mg
  • 食物繊維
    1.5g
  • 食塩
    0.5g

コラム:安い・簡単・安心 もやしの底力!

 発芽を意味する「萌やす」が変化したもやし。名前のとおり豆を発芽させた新芽です。光がなくても簡単に栽培でき、ビタミンが豊富なので、第二次世界大戦中は潜水艦でも栽培されていました。
 現在、日本で多く出回っているのは、“けつるあずき” から作るブラックマッペと、緑豆から作る緑豆もやし。いつでもどこでも栽培でき、成長が早く、安価で便利な野菜として重宝されています。
 鮮度が命のもやしは、白っぽくて茎が太く、根がパリッと透明感のあるものを選びましょう。調理方法は炒めもの、汁の実、スープ、和えもの、三杯酢、鍋ものと多彩で、その食味と食感が庶民をとりこにしています。
 カリウムやリンの心配は少ない野菜ですが、豆もやしはたんぱく質が豊富なので食べすぎに注意しましょう。

ページトップへ