ご家族もお友達も一緒にいただけるレストラン・シェフが考えた透析レシピ

掲載:2010年 冬 vol.05

透析レシピ

ひと味ちがう家ごはん

すぐできるけど手抜きじゃない、簡単だけどおいしい。
定番家庭料理をちょっとアレンジ、シェフの技を食卓へ。

監修 蒲池 桂子さん
女子栄養大学栄養クリニック主任・管理栄養士

透析レシピ 1

ふんわりトロリのカニ玉

子どもからお年寄りまで、みんなが大好きなカニ玉。
フワッとしてるけどトロリとしたなかに
タケノコのシャキシャキした食感が絶妙です。

ふんわりトロリのカニ玉
ふんわりトロリのカニ玉
  • 材料(4人分)
  • 蟹肉56g
  • 4個
  • 山芋(すりおろし)60g
  • 竹の子水煮50g
  • 長葱50g
  • 椎茸28g
  • 生姜4g
  • ブロッコリー(飾り用)8g
[A]
  • 砂糖12g
  • 醬油20g
  • 12cc
  • チキンブイヨン160cc
  • 胡椒0.8g
  • 水溶き片栗粉適量
  • 胡麻油60cc
作り方
  • 沸騰した湯に、刻んだ野菜をさっと湯通しし、ザルにあけ水気を取る。
  • 溶き卵に、粗熱がとれた1の野菜を入れ、蟹肉をほぐし入れ、山芋を加え混ぜ合わせる。
  • フライパンに胡麻油と生姜のみじん切りを入れ中火にする。
  • パチパチしてきたら 2 を流し入れ、4〜5回ゆすりながらかき混ぜる。
  • 半熟の状態で裏返し、お皿に盛る。
  • フライパンに[A]の調味料を入れ火にかけ、沸騰してきたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、5にかけブロッコリーを添える。
ワンポイントアドバイス

シェフからのアドバイス
山芋が入るとフワッとした食感になります。焼くときはフライパンをよく熱し、素早く仕上げましょう。あらかじめ具材を湯通しして温め、粗熱をとってから卵に混ぜるのは、トロリと焼きあげるポイントです。

管理栄養士からの一言
山芋入りのふわふわに仕上がった卵料理です。卵のたんぱく質は良質で、食欲のないときには大変おすすめの一品です。また山芋はたんぱく質を効率よく吸収するための多糖類が含まれています。どんぶり風に盛り付けてもおいしそうです。

栄養成分
  • エネルギー
    124kcal
  • タンパク質
    9.9g
  • 脂質
    5.3g
  • カリウム
    258mg
  • カルシウム
    46mg
  • リン
    136mg
  • 食物繊維
    1.2g
  • 食塩
    1.2g

調理のコツ:下茹でもコツをつかめばおいしくできる!

 野菜は水にさらして茹でこぼせば、カリウムをかなり下げることができますが、どうせ下茹でするなら、おいしく茹でてみたいもの。
 「土の上にできるものはお湯から、土の下にできるものは水から」といわれますが、青菜やマメ、実野菜(いんげんなど)、花野菜(ブロッコリーやカリフラワーなど)は沸騰したお湯から、芋類や根菜(レンコンやごぼう)は水から茹でるのが基本です。
 青菜はたっぷりのお湯ですばやく茹で、サッと水につけ、鮮やかな色と歯ごたえを残します。塩茹でにする場合は、茹であがったら流水に数分さらしましょう。カリウムはさらに減り、塩分も流されます。花野菜は水にさらさず広げて冷まします。
 固いものや密度の濃いものから茹でると均一に茹であがります。

ページトップへ