ご家族もお友達も一緒にいただける板前が考えた透析レシピ

掲載:2009年 冬 vol.02

透析レシピ

お鍋の季節到来!

あったかお鍋で、
身も、心もあたたかく

アツアツのお鍋がおいしい季節がやってきました。寒い冬の夜に、お友達と、あるいはご家族と、あったかな鍋を囲む時間は至福のひととき。身も、心もあたたまります。彩り豊かな菊花辛子醤油和えとあんころもちは、おめでたいお正月の食卓にもぴったりです。

監修 蒲池 桂子/女子栄養大学栄養クリニック主任・管理栄養士/協力 レストラン アラスカ

透析レシピ 3

あんころもち

あんころもち
  • 材料(4人分)
  • 市販のさらし餡45g
  • 150cc
  • 砂糖60g
  • もち25gを4個

お正月の風物詩といえばおもちは欠かせません。お汁粉で食べると水分の摂取量が気になりますが、あんころもちにすればしっかりとおもちを食べられます。砂糖を控えていますが、甘さも十分に感じられる和スイーツとなっています。

あんころもちの作り方
  • さらし餡を大きめのボールに入れて熱湯を注ぎ、しゃもじでよくかき混ぜる。餡が沈殿したら上澄みを流して捨てる。これを2〜3回繰り返す。
  • 鍋に1と分量の水、砂糖を加え弱火で加熱する。しゃもじで練りながら照りを出していく。
  • 適度な硬さになったら餡の出来上がり。餡は冷めると硬くなるので、少し流れるぐらいの柔らかさを目安にして火を止める。
  • もちは焼き目がつくぐらいに焼く。
  • 餡ともちを皿に盛りつける。
ワンポイントアドバイス

管理栄養士からの一言
小豆はカリウムを多く含んでいますが、市販のさらし餡を使えば水にさらす手間をかけることなくカリウムの摂取量を抑えることができます。また、おもちは腹もちがよく、スナック菓子やせんべいのように塩分を摂りすぎることがないので、間食にもおすすめです。

板前からのアドバイス
さらし餡は天日干しをしているため独特の日向臭さがありますが、熱湯にさらして上澄みを捨てる工程を繰り返すと臭みが消えます。できれば2〜3回繰り返すと臭みが消え、おいしく仕上がります。

成分(1人分)
  • エネルギー
    163kcal
  • カリウム
    38mg
  • 食物繊維
    3.5g
  • タンパク質
    4.2g
  • カルシウム
    9mg
  • 塩分
    0.0g
  • 脂質
    0.3g
  • リン
    46mg

日本料理もちづき 板前
青木尚篤さん

食事制限の必要な方のためにレストラン アラスカが開催しているヘルシークッキング料理教室で和食部門を担当。限られた食材のなかで新しい和食メニューを考案しています。

ヘルシークッキング お問い合わせ

Tel:03-3502-7061(月〜金9〜17時、3日前まで予約受付)
お問い合わせWebサイト:http://www.alaska-net.co.jp/healthycooking/contact.html

ページトップへ