掲載:2010年 夏 vol.04

pickup

「透析を受けていても旅行を楽しみたい」の思いを実現

透析を受けている方が旅行を躊躇するいちばんの理由は、旅先で透析施設を探さなければならないこと。海外旅行ならなおさらです。
しかし、バリアフリーの意識の高まりとともに、旅行日程に人工透析を組み込んだツアーも増加。
透析を受けながら旅行を楽しみたいという方の支えとなっています。

透析を受けている方のために世界各国へのツアーを開発


これまでアジア、ヨーロッパ、北米、アフリカの国々にコースを開発し、透析ツアーの実績を積み重ねてきた大阪旅行。夏以降も国内外のツアーを企画しています。

 透析を受けている方のためのツアーを、日本でいち早く販売した旅行会社が、大阪市に拠点を置く大阪旅行です。
 同社が透析を受けている方のためのツアーを企画し販売したのは1982年。人工透析を導入した当時の役員が、日本人を受け入れてくれる海外の透析施設を探し、現地で透析を受けながら海外出張をこなす中で、透析を受けている方の中には同じように海外旅行に行きたいと思っている方が多いことを知ったのが始まりでした。
 透析を受けている方のためのツアーを15年以上担当しきてきた同社の西本章二さんは、「透析を受けながら海外に行くことは不可能だというのが一般的な考えでしたから、透析を受けている方からの反響は大きかったようです」と当時のことを説明します。
 ツアーは、1日〜2日おきに人工透析の時間を組み込んでいる以外は、通常のツアーと変わりはありません。参加者は旅先で透析施設を探したり、予約をしたりする必要がないので、不安を感じることなく旅行を楽しめます。
 ツアーを実施してきた国も世界各国におよび、月に1〜2本のペースで海外旅行を企画するほか、個人旅行の手配、国内旅行も実施しています。

8月以降の透析旅行の予定
[ 海外 ]
● 8月20日(金)〜24日(火) モンゴル大草原&北京 5日間
● 8月28日(土)〜31日(火) 上海万博 4日間
● 9月11日(土)〜14日(火) 台湾懐旧の旅 4日間
● 9月23日(木)〜29日(水) 北イタリア&チロル&南ドイツ周遊 7日間
● 10月7日(木)〜13日(水) 魅惑のトルコハイライト 7日間
● 10月16日(土)〜20日(水) ユニバーサル・スタジオ・シンガポール 4日間
[ 国内 ]
● 8月29日(日)〜9月1日(水) 松山道後温泉と高知 4日間

問い合わせ先

株式会社 大阪旅行
大阪市東淀川区淡路4-5-16 大阪旅行ビル TEL:06-6325-1111 FAX:06-6326-0515
URL:http://www.osakatours.co.jp/


自分の体験をもとに細やかな気配りで個人旅行を手配


「前向きに頑張れるのは、好きな仕事ができているからです」と平林さん。現在も週3回透析を受けながら、国内外を忙しく飛び回っています。

 トラベリンク代表取締役の平林和夫さんが人工透析を導入したのは1998年。好きな旅行を仕事にしたいと、旅行会社を設立してから7年目のことでした。「もう海外に行くことはできない」と悲観していた時、主治医から海外でも透析を受けられることを聞き、自ら予約・手配をしてグアムやハワイなどで透析を体験しました。その後もオーストラリアやアメリカ、ヨーロッパを訪れて透析を受けた平林さんは、透析を受けている人も海外旅行を楽しめると確信。個人旅行を希望する患者さんのために、海外での透析の手配をすることを決めました。
 平林さんが自身の体験でいちばん感じたのは、言葉への不安でした。簡単な会話しかできない自分が、透析中に気分が悪くなった時にうまく症状を伝えることができるか、不安だったといいます。そこで透析の手配をする際には、施設の予約とあわせて、症状を伝えるための英訳の例文を作り、お客様に渡すようにしています。
 また、「ハワイでは日本語も通じる」「夏場はエアコンが効きすぎて寒いので、羽織るものを持って行った方がいい」「止血ベルトがないので日本から持って行った方が便利」など、それぞれの国の事情にあわせた細やかな情報やアドバイスを伝えられるのも、平林さんが自分で体験しているから。それが海外へ出発する方の何よりの安心につながっています。

問い合わせ先

株式会社 トラベリンク
東京都豊島区南大塚3-3-4 双葉ビル6階 TEL:03-5396-4430 FAX:03-5396-4432
URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~travlink/

過去の記事を見る

おすすめBOOK 3冊
掲載2016年 vol.26
おすすめBOOK 3冊

ページトップへ