掲載:2010年 春 vol.03

pickup

パン職人が作る
「透析パン」は本物のパンの味

おいしいパンを食べたいという気持ちに応え、
味と成分の両立を追求。

パンにイチゴジャムを折り込んだのは「カルピスの原液を水で薄めるように、カリウムやリンをジャムで低減させればいい」という発想から。
パンにイチゴジャムを折り込んだのは「カルピスの原液を水で薄めるように、カリウムやリンをジャムで低減させればいい」という発想から。
透析パン1本(約450g)840円。

 透析を受けている父のために、パン職人の息子が作った「透析パン」が、同じ病気を抱えている方の間で評判となっています。この透析パンには、低タンパク小麦粉など成分調整のための特別な材料は使われていません。使われているのは「ジャムを生地に折り込む」というパン職人ならではのアイデアです。
 大林聖典さんが透析パンの開発に取り組み始めたのは、「食事療法のためパンを食べることができない元パン職人の父に、おいしいパンを気兼ねなく食べてほしい」という思いから。

食パンと透析パンの成分比較表

 大林さんがこだわったのは、特別な材料で強制的に成分を調整するのではなく、材料を厳選し製法を工夫することで、低カリウム、低リン、低タンパク、低塩を実現させることでした。そこで注目したのが、カリウムやリンをほとんど含まないイチゴジャム。ジャムを限界までパン生地に折り込むことで、パン全体のカリウム、リンを低減させることに成功したのです。
 当初は透析パンを商品化する予定はありませんでしたが、透析を受けている方やご家族からの要望もあり3年前に販売を開始、現在は全国から注文が届くほどに。「おいしいから毎日食べられる」「普通のパンを食べられることがうれしい」と喜びの声も寄せられています。

注文・問い合わせ先

(株)大林パン
兵庫県明石市大蔵八幡町1-3 TEL:078-911-2838 FAX:078-911-0800
URL:http://www.o-pan.com/

過去の記事を見る

おすすめBOOK 3冊
掲載2016年 vol.26
おすすめBOOK 3冊

ページトップへ