掲載:2009年 冬 vol.02

Beauty & Fitness

我慢できないかゆみを治めるには

監修 岩下賢一先生 余丁町皮フ科院長

透析を受けている方や腎不全の方を悩ませるものに、かゆみがあります。かゆみが強い方、弱い方、なかなかかゆみがとれない方など、その症状はさまざまです。かゆみの原因については、よく分っていないことが多いのですが、さまざまな要因が複雑に絡み合っていると考えられます。

かゆみの原因
血液中の尿毒素の除去

かゆみの対策

まずは十分な透析を行い、尿毒素物質がたまらないようにしましょう。その上で次のような対策が考えられます。

注:透析を受けて、血液中の尿毒素が取り除かれても、かゆみが楽になってくる方もいれば、全く変わらない方、反対にひどくなってくる方もいるなど、現れる症状はさまざまです。

1. スキンケア

まずは以下のようなスキンケアを心掛けましょう。

  • 皮膚を清潔に保ち、皮膚の乾燥を防ぐ
  • 過剰な刺激を防ぐ
  • 入浴時にこすりすぎない
  • 石けんを使いすぎない
  • 肌への刺激が強い繊維(羊毛や化学繊維など)は、肌に直接触れないように注意する
2. クリーム・保湿剤・軟膏の使用

スキンケアでかゆみが治まらない場合は、保湿剤や軟膏(油性軟膏、保湿性尿素軟膏など)を使ってみます。 他の方が効いても自分に合うかどうかは分らないので、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。 自分の肌がアレルギー反応など、かぶれやすいかどうかも気を付けてください。

3. 薬物療法

以上の対策でもかゆみが止まらない、我慢できないようなかゆみの場合は、以下のような薬物を使用します。薬物の使用にはかかりつけの医師や医療スタッフの方と十分相談をしてください。

  • 外用剤(抗ヒスタミン薬、ステロイドなど)
  • 内服剤(抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬など)
  • リンの濃度が高い場合:高リン血症治療薬
  • 副甲状腺機能の亢進が疑われる場合: 抗副甲状腺ホルモン薬など

新見千晶のビューティアップレッスンVol.1

ほらっ!3歳若返る簡単メイクテクニック!

年齢が出る「目尻のくぼみと鼻のわき」のくすみをとる

ファンデーションを塗ったあと、目尻のくぼみと鼻のわきをコンシーラーでカバー。軽くコンシーラーをのせてから、指でぽんぽんとたたいてなじませます。こんな場所を?と思いますが、実はくすみが出やすいのに、顔の中で視線が集まる大切なキーポイント。ここを明るくきれいにするだけで、肌の印象が3歳は若返ります。

イラスト

チークは「コーラルオレンジ」で
優しく健康的に!

チークはピンク系よりも失敗の少ない「コーラルオレンジ」がお勧めです。まず、にっこり笑った時にできる、ぽっこりとふくらむ部分を確認。ここに、丸く入れるのではなく、耳の横からぽっこり部分にむけて、3回ブラシを軽くおろします。次に、黒目の下のぽっこり部分から、耳の横にむけて、2回ブラシを動かします。自然な陰影ができ、顔色がぱっと明るくなります。

イラスト

マスカラで目もとイキイキ!

最後にマスカラでポイントを。つけにくい!と思わないで、下まつ毛にもぜひつけてみてください。目のフレームが際立ち、黒目が大きく輝いて見えるので、イキイキとした印象になります!

新見千晶

新見千晶

ヘア&メイクアップアーティスト。ファッション誌、美容誌、広告、CM、カタログ、ファッションショーで活躍。撮影現場で培ったプロの美ワザを、わかりやすくシンプルに紹介する。

過去の記事を見る

ページトップへ