Art

岩谷 徹
『赤い魚』 image No.7337. image size 21×16cm 銅版画

岩谷 徹

いわや とおる
版画家
1936年福島県郡山市生まれ。
企業勤めの経験を経て、版画を志して独習、35歳で渡仏、版画家として立つ。
メゾチントという銅版画技法を用い、代表作である能面シリーズ、杉の樹林の小品など、月、貝、木々の葉、海などをモチーフに150点を制作。
28年間のパリ滞在中に腎不全が徐々に悪化し、人工透析、腎移植を経て、現在は日本で制作を続けている。
個展:11月29日〜12月4日 養清堂画廊(東京都中央区銀座5-5-15 TEL: 03-3571-1312)

過去の作品紹介を見る

朝倉 めぐみ
掲載2011年9月 秋 vol.08
朝倉 めぐみ
堤 けんじ
掲載2011年3月 春 vol.06
堤 けんじ
岩谷 徹
掲載2010年12月 冬 vol.05
岩谷 徹
久保田 進一
掲載2010年8月 夏 vol.04
久保田 進一
錦山亭 金太夫
掲載2010年04月 春 vol.03
錦山亭 金太夫
エムナマエ
掲載2009年12月 冬 vol.02
エムナマエ
遠藤 正己(日本画家)
掲載2009年09月 秋 vol.01
遠藤正己(日本画家)

ページトップへ