いつも、ずっと、あなたと長寿リン.jp

ホーム > 透析の医療費助成制度 > 透析の医療費助成制度のしくみ

 透析の医療費助成制度

透析患者さんの自己負担額は1ヵ月1万円

透析にかかわる医療費助成制度には、「医療保険の長期高額疾病(特定疾病)」があります。さらに、自己負担分などを助成する「公費負担」もあります。

「ミネラル」のバランスは、主に腎臓で保たれている

透析は「特定疾病」に指定されています。
そのため、高額療養費※1の特例である「長期高額疾病」で、1ヵ月1万円※2を超える(ただし、入院したときの食事代の患者負担分は自己負担)医療費のすべてが保険から給付されます。
つまり、患者さんの医療機関への支払いは、1ヵ月1万円ですみます。
ただし、1ヵ月のうちに、入院と外来の両方があったときには、それぞれに1万円の自己負担をするため、合計で2万円になります(また、高額所得者は合計4万円の自己負担)。
長期高額疾病を受けるには手続きが必要です。

※1
医療保険や長寿医療保険では、入院したときの食事代の自己負担分を除いた自己負担額が高額になった場合、ある一定の額を超えた分については、本人の請求によって払い戻されます。
※2
70歳未満の高所得者は、1ヵ月2万円の負担となります。

すすむ

もどる

L.JP.GE.08.2014.0043

このページのトップへ

Copyright c 2009 Bayer Yakuhin, Ltd. All rights Reserved.