いつも、ずっと、あなたと長寿リン.jp

ホーム > 透析の医療費助成制度 > 医療費負担をより軽減するために

 透析の医療費助成制度

自己負担分を助成する「公費負担」

公費負担には、「自立支援医療(更生・育成医療)」や「小児慢性特定疾患治療研究事業」、「障害者医療費助成制度」があり、透析の自己負担分を国、地方自治体が助成してくれます。

自立支援医療(更生・育成医療)

身体障害者・児の機能障害を軽減、または改善することを目的とする医療を給付する制度です。医療保険や長寿医療制度の自己負担分を国と地方自治体が助成します。ただし、所得によっては自己負担が生じることもあります。
また、この助成を受けるには、自立支援医療機関の指定を受けている医療機関で受診する必要があります。この制度を利用するには手続きが必要です。

小児慢性特定疾患治療研究事業

20歳未満(18歳までに対象になる必要がある)の透析患者さんは、この制度を利用することによっても、医療費の助成が受けられます。この制度を利用するには手続きが必要です。

障害者医療費助成制度

身体障害者手帳1、2級(一部の県では3級まで)の障害者が医療を受けたときに、医療保険や自立支援などの自己負担分を、都道府県と市町村で助成する制度です。
この制度は、都道府県、市区町村によって名称、助成対象、所得制限の有無、一部負担金の額などが異なります。
ちなみに、東京都の場合、指定難病と透析を公費助成する「難病医療費助成制度」があります。東京都から支給される「マル都医療券」および「特定疾病療養受療証」を医療機関に提示することで、自己負担分の1万円を東京都が負担してくれます。
この障害者医療費助成制度を利用するには、手続きが必要となります。

すすむ

もどる

L.JP.GE.08.2014.0043

このページのトップへ

Copyright c 2009 Bayer Yakuhin, Ltd. All rights Reserved.