いつも、ずっと、あなたと長寿リン.jp

ホーム > 第1回 バイエル・レシピコンテスト 受賞作品 > 個人部門 準グランプリ

楽しく作って、美味しく食べて、長生きできる透析食 第1回 バイエル・レシピコンテスト

小林芳樹 さん
(透析患者さん/新潟県新潟市在住、39歳)

大根菜ごはん

材料(2人分)

ご飯 300g
大根菜
(ゆでて水気を絞ったもの)
90g
M玉1個
出汁醤油 5cc
コショウ 少々
黒ごま 適宜
紅ショウガ 適宜
サラダ油 小さじ1

材料(1人分)

1. 大根菜をゆで、水気をしっかり切ってみじん切りにし、さらに水気を絞る。
2. フライパンを熱しサラダ油小さじ1を入れ、刻んだ大根菜を入れ、コショウをひと振りして炒める。
3. 大根菜が少しぱらりとしたら、ご飯を入れて炒め合わせる。
4. 味付けに出汁醤油を入れ、さらに炒めたらいったん皿に取り出す。
5. 空いたフライパンにとき卵を入れ、炒り卵を作る要領で炒める。
6. 皿に取り出した4.をフライパンに戻し、卵と合わせる。
7. 茶碗に1人分を盛りつけ、黒ごまを少々ふりかけ、紅ショウガを飾る。

ポイント
大根菜ごはんは、チャーハンではないので、パラパラにする必要はありません。

生麩とカニのあんかけ

材料(2人分)

生麩 6切れ(50gくらい)
ゆでタラバガニ 50g
小松菜
(ゆでて水気を絞ったもの)
60g
甘エビ 6尾
○葛餡
かつお出汁 50cc
醤油 5cc
砂糖 4g
水溶き葛粉 少々

材料(1人分)

1. ゆでて水気を絞った小松菜を、4cmの長さに切る。
2. 生麩は5mmくらいの幅に切り、サラダ油を薄く引いたフライパンで、弱火で軽く焦げ目がつくくらい両面焼く。
3. 生麩と一緒に、ゆでタラバガニと甘エビにも軽く火を通す。
4. 葛餡を小さい鍋で作る。
5.
  • 1.と3.を皿に盛りつけ、上から葛餡をかける。

豆腐の雪見汁

材料(2人分)

絹ごし豆腐 140g
なめこ 60g
大根おろし
(軽く水気を絞ったもの)
50g
白髪ねぎ 少々
かつお出汁 180cc
砂糖 1g
濃口醤油 4cc

材料(1人分)

1. かつお出汁になめこを入れて煮る。
2. 温まったら砂糖、醤油の順で入れ、少し熱くなるまで火を通す。
3. 絹ごし豆腐4切れ(140g)を入れ、豆腐が温まるまで火を通す。
4. 大根おろしを加え、再び温める。
5. お椀に盛りつけたら、上に白髪ねぎを飾る。

オロブロンコのヨーグルトがけ

材料(2人分)

オロブロンコ
(皮をむいたもの)
100g
飲むヨーグルト 30g

材料(1人分)

1. オロブロンコの皮をむき、器に入れる。
2. 上から飲むヨーグルトを回しかける。

選考委員からのコメント

生麩の食感が楽しめるステキな献立です。豆腐の雪見汁は寒い日に美味しくいただけそうですね。塩分量も控えられておりとても良いです。(金澤良枝 選考委員)

このページのトップへ

Copyright c 2009 Bayer Yakuhin, Ltd. All rights Reserved.